安心の国内医療機関

みなさんはご存知ですか?テレビで取り上げられ今注目を浴びている遺伝子検査ですが、そのほとんどが中国などの海外で検査が行われていることを…。

海外には「個人情報保護法」という国内法が及ばないため「遺伝子情報」を製薬会社に売られるなど、利用者が想定していない使われ方をしている例もあるようです。

検査方法の違い

サクラアズクリニック天神の遺伝子検査が正確性に長けている理由は、他の多くの企業が行っているDNAチップ、 タックマンプローブ法など、遺伝子情報を間接的なシグナルで見ている検査方法なのに対して、サクラアズクリニック天神の解析依頼先医療機関ではダイレクトシークエンスを採用しているところにあります。

間接的なシグナルというのは、もしも、間違った反応をしていてもそれを確認する方法がないというところに問題があります。簡単ですが正確性に欠ける方法です。


一方、ダイレクトシークエンスはその名の通りシグナルを直接読み取っており、それはまさに正しいかどうかを確認する方法そのものなので、正確性を問うには一番良い方法です。

それゆえ、検体を採取するにあたり、口腔粘膜を擦る綿棒を他の人が触っただけでもそのシグナルが混ざり込んでしまうほど正確で繊細です。解析にやや時間はかかりますが、正確性に優れた解析方法です。混ざり込んでしまったシグナルの区別がつかないのが他の方法なのです。


他の多くは、検体採取の綿棒が1本だけの提供だったり、唾液の採取のみで検体量が少なかったりと、解析に対して、スピードや簡易性を求めて、正確性に関しては追求していない可能性があります。


遺伝子情報を直接読み取っているのがサクラアズクリニック天神の方法です。これが遺伝子解析正確率99.99%という数字に表れているのです。

検査機関≪医療法人社団ウィステリア会 サクラアズクリニック天神≫

院内に併設した細胞培養センター(CPC)や専門医の高度な知識・技術を基に自家幹細胞療法や最先端の遺伝子解析など安全で実用可能な先進医療を日々、研究・臨床しております。


サクラアズクリニック天神は「遺伝学的検査受託に関する倫理指針」 (社団法人日本衛生検査所協会) 、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」 (文部科学省・厚生労働省・経済産業省) に基づき、患者様の利益を最大化し、社会的な不利益を最小化することおよび、より先進的な医療を進めることを目的として、一部に上記指針より厳しい運用を盛り込んだ「サクラアズクリニック天神遺伝子倫理ガイドライン」を策定し、このガイドラインに則った受託・検査・情報管理を行っております。

遺伝子検査の影響  遺伝子検査を受ける意義  遺伝子検査でわかること

nextdロゴ

 徳島市一番町3-8(第一キッズ内)

 電話

Copyright© 2015 合同会社 ネクストD All Rights Reserved.