右手と左手

2019-10-30

皆さんこんにちは!

ヨコミネ式保育園、幼児教室、学童キッズネクストのやぎちゃん先生です。

 

先日私のゼミで息抜きを兼ねて、普段使っている利き手とは逆の手で問題に取り組んでもらい、そのスピードと正確さを競ってもらいました。

子ども達は難しいと言いつつも、私の予想をはるかに超えたスピードと正確さで問題を解いていました。

ほとんどの子ども達がスイッチハンダー(両利き)のようでした。

 

有名な話ですが、右脳は左半身の、左脳は右半身の筋肉に指令を出します。

ヨコミネ式の算盤では右手と左手両方使います。

右脳と左脳の両方を使い活性化されるので、右手と左手の動きを入れ替えてもある程度対応できたのではないかと考えられました。

 

普段使っている手が利き手だけだと、活性化される脳は片側の脳に片寄りがちになってしまいます。

たまには利き手とは逆の手を使ってみてはいかがでしょうか?

nextdロゴ

 徳島市一番町3-8(第一キッズ内)

 電話

Copyright© 2015 合同会社 ネクストD All Rights Reserved.